Quote
"アウトロー宣告を受けると「市民としての死」(civil death, 市民権剥奪)が科せられた。この宣告は社会的な死であり、あらゆる市民社会から排除され、如何なる者も彼に食事や隠れ処その他の援助を与えることが禁じられた。もし援助すれば couthutlaugh (=A person who harbored an outlaw)の罪に問われ援助者自身が宣告を受ける虞れがあった。支援した者が許されるにはアウトローを殺さなければならなかった。実際にアウトロー殺しは推奨され、「アウトローは市民社会を無視したので、社会もアウトローにいかなる義務を負わない」という論理で、殺しても殺人罪に問われることはなかった。彼らに市民権はなかったので訴えたり保護を求めることはできず、自らが法的責任を負った。"

アウトロー - Wikipedia

Quote
"アウトロー (outlaw) は語源的には犯罪等により法の保護を受けられなくなった人物をさす。しかし、現代ではもっぱら西部劇での無法者及びそのような生活スタイル(法の埒外、自分の信念や弱肉強食が正義という世界に自ら好んで身を置く)を示す語として用いられることが多い。
西部劇でのアウトローは荒野に住み入植地に襲撃をかける犯罪者として描かれることが多い。このような描写はイギリスの民話ロビン・フッドやハイウェイメンに負うところが大きい。しかし本来は法律用語で対象となる人物に付される厳しい宣告の一つである。"

アウトロー - Wikipedia

Photo
(【2ch】ニュー速クオリティ:【画像】boketeで特に面白かったネタwwwwwから)
Photo
(【2ch】ニュー速クオリティ:【画像】boketeで特に面白かったネタwwwwwから)
Quote
"客演情報
『うたう!大龍宮城』
9話でサメの妄想の中、自分を救ってくれるヒーローとして登場。ズバットスーツ着用時の姿のみで台詞も無くズバットという名称も出ない。ちなみに、サメを指揮棒で叩いていた親方を演じていたのは、本作で東条進吾を演じた斉藤真。"

快傑ズバット - Wikipedia